先輩インタビュー

ブランディングマネージャー

高西 佳佑
KEISUKE TAKANISHI

高西 佳佑

クレ・ドゥ・レーブは、幅広く活躍する舞台に
いつもチャレンジが出来る恵まれた環境。

キャリアステップ

学校
桃山学院大学 経営学部
卒業
前職
大手食品スーパー
勤務
入社
アルバイトとして
サービスキャプテン
プランナーアシスタント
入社
1年目
正社員 
配属:北野クラブソラ
ウェディングプランナー
入社
2年目
マーケティング企画部
スタッフを兼任
入社
3年目
2018年
新店ホテル北野クラブ
(現 北野クラブアネックス)
ブランドマネージャー
現在に至る
 

高西 佳佑

なぜウェディングプランナーを目指したのですか?

就職活動の時にブライダル企業の説明会に参加し「この仕事、天職だ!」と直感的に思いました。

大学では学園祭のイベントチームに所属し、皆で一つのイベントを作ることが好きで、当然就職先もブライダルに絞って50社くらい受けましたが、、、どことも縁がありませんでした。

その時内定をいただいていた大手食品スーパーに入社し、それなりに楽しみを覚え続けていくのも良いかなと思っていた矢先、大好きな祖母が倒れ亡くなる直前に私に「おじいちゃんと結婚出来てよかったわ」と話してくれました。

その時なぜかすごい使命感に駆られたのを覚えています 笑。

『亡くなる前に結婚して良かったって思えるそんな思い出を作りたい。もう一度夢にチャレンジしてみよう』と一念発起し、仕事の傍ら社会人向けのブライダルスクールに1年通いながら、前職を1年半で退職し、転職活動の中でクレ・ドゥ・レーブに出会い社風に惹かれ『ここだ!』と確認し入社を決意しました。

最初はアルバイト入社からスタート、プランナーアシスタント・サービスキャプテン・ウェディングプランナー・広告を担当するマーケティング事業部と経て今に至ります。
今は北野クラブアネックス ブランディングマネージャーとして広告・SNS・プレスリリース発信などの業務と並行して、クリエィティブなウェディングを提案するkobe wedding のウェディングプランナーとしても結婚式の担当をさせていただいております。

高西 佳佑

現在の主な業務を教えてください。

ブランディングマネージャーとして、広告の仕事をメインに、ゼクシィをはじめとする結婚情報誌の入稿やネット更新、また誌面に使用するビジュアルづくりなども任せていただいています。

①イメージ写真の制作
会場の写真がアップされるには、何度も会場と向き合い、コンセプトイメージを作り、フローリスト・カメラマン・キッチンスタッフなど多岐にわたるスタッフとミーティングを重ね、納得するまで向き合います。

②SNS発信
北野クラブアネックスのインスタグラムを担当。常に人気のインスタ投稿を見て勉強をし、個人のSNSで試し投稿をしたり。ライティングや写真の撮り方も日頃からの積み重ねが大切で、どんなコピーライディングや写真で発信すると効果があるのかも検証しています。

③クリエイティブなウェディング(結婚式の担当)
世間にはオシャレな結婚式場が沢山ある中、おふたりらしさを忠実に表したコンセプトに会場自体を作り込み、素敵! と思える結婚式を創るのが今の私の使命です。
ありがたいことに、ご指名をいただくことも多く、現役プランナーとして自らが広告塔になることを考えて結婚式をご提案致します。

広告の仕事はセンスや感性が大切です。自分が創った世界観で、『この写真が良かったから見学に来ました!』と言っていただいた時は半端なく嬉しいです!

入社してから最も成長したと感じることはどんな事ですか?

人生の半分って仕事がほとんどだと思うんです。それを今全力で楽しめているところ。仕事を楽しめるまで、とても時間が掛りました。
最初は出来ない自分は嫌で会社に行きたくないなと思うことも多々あり、一方で早く一人前になりたいという焦りも感じていました。

自分はプランナーとしてデビューが上手く行かず、同期メンバーより一歩遅れていました。
それにすごく焦っていたし成約も全然取れませんでした。今思えば全然焦らなくてよかったんですけどね 笑。

めげずに先輩に練習に付き合ってもらい、やっと初成約。そして月間MVPも獲得でき担当も任せてもらえるようになり、プランナーの仕事を楽しめるようになったことが最も成長を感じたことです。

今の自分を実現できたのは「根気よく地道に、あきらめずに」という自分のスローガンをベースに様々な機会や気づきを与えてくれる会社の環境があったからだと思います。

今はブランディングマネージャーとして、ゼクシィやブライダルフェア等の広告の仕事を中心としており、仕事のスタイルも随分変わり、この1年さらに成長をし続けています。

高西 佳佑

今後のキャリアビジョンを教えてください。

北野クラブアネックスもマーケットの中で浸透し、認知度が上がって来たと思います。
その中でクリエイティブな世界観を創っていくことはもちろん、誰も見たことが無い結婚式をご提案するのが直近の目標です。

更に長期的な目標として、広告の関係で独立していくことを考えています。撮影やウェディングのコーディネーターとして、素敵な空間として活かす場所を、ウェディングからより広い世界で通用するかを試したいと思っています。

現在、全店舗のウェディング撮影のディレクションを任され、それぞれの店舗のイメージ創りをしています。
3年前には考えられなかった今の自分。自ら『やってみたい』と手を挙げ様々な仕事にチャレンジさせてくれる環境があり、沢山の出会い、ご縁をいただき今も学び続けています。

ウェディングの広告を通じて、その他のイベント企画や施設ブランディング、テーマ性のある結婚式と幅広く活躍する舞台にいつもチャレンジが出来る恵まれた環境。その中で、世間から注目をされるくらいに常にセンスを磨いていきます!