先輩インタビュー

ウエディングプランナー

山下 瑞歩
MIZUHO YAMASHITA

山下 瑞歩

温かく家族のように接してくれる
皆さんが大好きです。
クレ・ドゥ・レーブは日に日に
憧れの存在へとなっていきます

キャリアステップ

入社前
阪南大学卒業
入社
2017年新卒入社 
配属:北野クラブソラ
ウエディングプランナー
入社
1年目
現在に至る

山下 瑞歩

なぜ数ある企業の中からクレ・ドゥ・レーブを選んだのですか?

クレ・ドゥ・レーブの人に魅力を感じ、同時に憧れを抱いたからです。
アットホームでとても新郎新婦と近い結婚式と感じ、そしてこだわりのある空間作りに惹かれ、応募したのがはじまりでした。

それだけではなく、ビジョンや行動指針を見た時、仕事面だけではなくすべての面で大切に考えられていることを感じました。

選考が進んでいく中で他の企業では感じたことがない人の良さに魅力を感じていきました。
数分の面接の中でも、私のことを知ろうとしてくれ、そして会社のことを共有しようとたくさんのお話を頂きました。
時間を忘れるほど楽しい面接だったことが記憶に残っています。

こんなに素直に自分の思いを伝えられたのはクレ・ドゥ・レーブだけでした。

そんな私に共感して内定を頂いた時はとても嬉しかったです。
「ここでならこんな人になりたい!」と思える人にたくさん出会えると確認しました。
そう思える皆様のもとで夢を叶え、人として成長していきたいと思い、クレ・ドゥ・レーブに入社することを決めました。

山下 瑞歩

就職活動で特に意識した事や、力を入れた事などがあれば教えてください。

大切にしていたことが2つあります。
一つ目は就職活動自体を楽しむことです。就職活動を通じてたくさんの出会いがありました。
私は必ず説明会や面接で一緒になった就活仲間に積極的に話しかけるようにしており、ただ楽しく話すだけではなく、同じ企業に来た仲間、そして夢に向かって頑張る就活仲間の話を聞き、たくさんの刺激をもらいました。その中で知らなかったことを知ることが出来たり、この企業を受けていなかったら出会うことがなかったんだと思うと幸せな気持ちになります。

2つ目は、面接で素直な気持ちや思いを伝えることです。私は面接が苦手だったため、へんにかしこまってしまい、きれいな言葉ばかり並べていました。でも面接官にはお見通しだったと思います。
ありのままの自分を、自分の言葉でアピールし、どうしてこの会社に入りたいのかを素直に伝えることが大切だと気づかされました。

就職活動は受かることが目的ではありません。
決して焦らず、ありのままの自分に共感してくれる企業を見つけることが大切だと思います。

山下 瑞歩

入社後の新入社員研修では、どのような事を学びましたか?

研修を通じて改めてウエディングプランナーとは、人生の記念日をプロデュースする責任重大な仕事だと学びました。

研修期間は、社会人としてのビジネスマナーから婚礼知識まで幅広く学び、また毎週末はパフォーマーの一人としてサービスの経験もさせていただきました。

最終期間ではキャプテン業務の研修を通し、新郎新婦様とより近くで関わることが出来ました。
実際にパフォーマーとして毎週末結婚式に関わると、一つ一つの結婚式に違うドラマがあると思います。
結婚式には、プランナーだけではなく多くの方々が関わっていて、そのすべての方々が「最高の結婚式をつくろう」と新郎新婦様のお手伝いをしています。

その結婚式を先頭で引っ張っていくのがウエディングプランナーです。おふたりの思いを結婚式に関わる全ての人に伝え、みんなで思いを一つにしていく、そんなウエディングプランナーの重大さを感じ、学ぶことが出来ました。

山下 瑞歩

クレ・ドゥ・レーブの好きなところを教えてください。

魅力的な会場はもちろんですが、働く一人一人の笑顔溢れる素敵なマインドが大好きです。

私は人に魅力を感じて入社しましたが、実際入社したらどうなんだろう?と不安もありました。
入社して半年以上が経った今、私の周りにはたくさんの愛情と思いやりで溢れた同期、先輩、上司の方々に囲まれています。
つらい時、悩んだ時には同期はもちろん、マネージャーや社長までもが親身になって私の相談に乗ってくれます。つらい時こそたくさんの笑顔を私に連鎖し、力を分けてもらえます。
嬉しい時は私以上に喜んでくださり、私のために涙を流してくださる上司もいます。
入社してまだ数か月の私でも温かく家族のように接して下さる皆さんが大好きです。
そんな方々が一人ひとりのお客様に愛情をもってたくさんのhappyを生み出しています。クレ・ドゥ・レーブは私にとって日に日に憧れの存在になっていく場所です。