先輩インタビュー

ブライダルマネージャー

大村 礼子
AYAKO OMURA

大村 礼子

クレ・ドゥ・レーブは、
スタッフが働くことを通して、
それぞれの人生が
より幸せに満ち溢れるようにと
願ってくれています。

キャリアステップ

入社
アルバイトとして
プランナーアシスタント
入社
1年目
正社員 
配属:北野クラブソラ
ウエディングプランナー
入社
5年目
鶴見ノ森 迎賓館へ
オープニングスタッフとして異動
入社
7年目
チーフプランナー
入社
12年目
ブライダルマネージャー

大村 礼子

現在の主な業務内容を教えてください。

ブライダルマネージャー兼、ウエデイングプランナーとして月1~2件婚礼の担当をしています。
新郎新婦様と結婚式を一緒に創っていくことはもちろん大好きですし、お客様の生のお声を聞くことは、日々のサービス向上へと繋がっています。

マネージャーとしての業務は、部下の指導や書類チェック、問題の改善点を考えたり、トラブル発生時の対処と多岐に渡ります。
ただ、マネージャーという仕事は決まったカタチがあるわけではなく、自分で作っていくものだと思っています。常に自分は会社の為、働くスタッフの為、お客様の為に何が出来るのかを考えて行動しています。

特に結婚式は、多くの人たちの支えがあり成り立っているので、関わる全ての人達と同じ想いで、素敵なものを創っていけるよう意識することが成功の秘訣と考えています。

事実、私も助けられることが多く、一人では決してできない仕事だとそのたびに実感しているので、関わる人達がみんなHappyになれる、そんなチームを作っていきたいです。

大村 礼子

チームで仕事をする上で、意識している事や大切にしている事を教えてください。

立場を気にせず相談がしやすい、風通しの良いチームであることを目指しています。
考えていることや悩んでいることを遠慮せずに話してもらい、常にスタッフの仕事量や精神的な状態を把握できるような環境作りを意識しています。

また、仲間に対して思いやりを持って行動できるように、時には自分が率先して行動で示し、指導をしています。
当たり前の事ですが、余裕がある人が忙しい人を助ける、問題を解決するためにはどうしたらいいのか全員で考える、自主的に気づき行動できるようなチームを目指しています。

大村 礼子

スタッフ同士の雰囲気は、どのような感じですか?

年齢、経験値なども違うスタッフが集まっていますが、上下のメリハリはしっかりありつつ、仲良く和気あいあいとしている緊張と緩和のバランスがとてもとれた雰囲気です。

キャラクターも様々で個性的なスタッフが集まっていますが、それぞれの特性を活かしつつ、自然に調和しています。オフィスがあまり広くはないので、何かが起これば誰かがすぐ気づき、助言をしたり励ましたり、時には正しいことを伝えたりと、いい関係を築けています。

組織として、これからどのように成長していきたいと思いますか?

組織とは、特定の目的を達成するために、専門的な役割を持った部門で構成されている集合体のことです。
結婚式という素敵な1日を創る、という目的を持ったプロフェッショナル集団である我々は、その目的を達成するために努力を惜しんではいけないと思います。

日々変化していく結婚式の形態をしっかり把握しながら、その一歩先を考え新しい価値を発信していく、そんな組織になっていきたいです。考えると幅が広く難しいですが、せっかく個性的で魅力的なスタッフが集まっているので、お互いを高め刺激し合いながら、ブライダル業界を牽引していけるよう成長していきたいと思います。

クレ・ドゥ・レーブの好きなところを教えてください。

一つに絞るのが難しいですが、スタッフの幸せを考えてくれるところです。
ブライダルの会社なので、お客様にたくさんの幸せを提供することが仕事であり目標なのですが、クレ・ドゥ・レーブは、スタッフが働くことを通して、それぞれの人生がより幸せに満ち溢れるようにと願ってくれています。

また、社長は「スタッフは宝物だ」と言ってくださいます。スタッフのことをいつでも見守ってくれるあたたかいクレ・ドゥ・レーブが好きです。

もうひとつは、立場を超えてどんなスタッフにも平等に耳を傾けてくれるところです。社長までの風通しが非常によく、意欲さえあればどんどんチャレンジさせてくれます。思いついたことや挑戦したいことがあればそれを応援してくれる懐の深い会社で、自分の可能性を広げてくれます。また、ここに集まる人たちは本当に個性的でパワフルな人ばかりなので、いつも刺激され成長できる環境にあります。
私はそんなクレ・ドゥ・レーブがとても好きです。