先輩インタビュー

ウエディングプランナー

原田 三貴
MIKI HARADA

原田 三貴

新入社員として見る前に
一人の「人」として見てくださる。
ハートフルな方々で溢れています。

キャリアステップ

入社前
神戸学院大学 人間学部 人文学科
卒業
入社
2018年新卒入社
配属:THE SORAKUEN(開業準備室) ウエディングプランナー
入社
1年目
現在に至る

原田 三貴

なぜ数ある企業の中からクレ・ドゥ・レーブを選んだのですか?

会社説明会の際に、お客様をご案内される先輩を見かけました。
まるで自分の結婚式を考えているかのように、キラキラとした笑顔で接客をされていました。実際に働いている先輩の姿を見て、私もそうなりたい!と強く思いました。

また、他社と比較し、選考時の段階から一人一人のことをしっかりと見てくれていると感じられる面接で、選考であんなにも会社全体の「人の良さ」を感じることができたのは、クレ・ドゥ・レーブだけでした。
緊張していたはずの面接も、楽しくてあっという間だったことを覚えています。

誰かのために一生懸命になれる先輩方がクレ・ドゥ・レーブには沢山います。そんな先輩方は私にとって憧れの存在で、こうなりたいと心から思える方ばかりです。そんな方ばかりいる会社は他には絶対ないと確信しました。
この会社でなら自分自身が成長できる、こんな先輩方の元で成長したいと思い、入社することを決めました。

原田 三貴

就職活動で特に意識した事や、力を入れた事などがあれば教えてください。

何を軸に就職活動をするかを一番大切にしており、私の軸は「お客様と長くお付き合いができる仕事」でした。
せっかく出会えたお客様と長く付き合えるお仕事がしたい、出会いを大切にしていきたい、と思い就職活動を進めていました。軸があることで優先順位を決めるのが簡単になっていきました。
私自身、この軸で就職活動をして大正解だったと、自信を持って思うことができています。自分に合った軸を見つけるまでに少し時間はかかりましたが、優先順位を少しずつ決めながら見つけることができ良かったと思っています。

また、力を入れたことは自己分析です。
どんなことを仕事にしたら自分自身楽しく働くことができるのか。どんなことが自分の成長・やりがいにつながるのか。そういったことが自己分析をすればするほど、明確になっていきました。
人生の中で大きなターニングポイントとなる就職活動。新しい自分を見つける時間だと思って、しっかりと自己分析をすることが大切です。

原田 三貴

入社後の新入社員研修では、どのような事を学びましたか。

社会人としてのビジネスマナーや、婚礼の基礎知識など幅広い研修をしていただきました。
ブライダルとは縁のなかった私にとって、非常に学びの多い研修内容でした。
実践的な面では週末はパフォーマーとしての研修があり、実際に結婚式のサービススタッフとして携わらせていただき、フロント、チャペルといった結婚式に関わるスタッフの役割を経験させていただきました。結婚式を創るにあたってチームワークが非常に大切になってくることを実感し、皆さんのプロ意識の高さに鳥肌が立ちました。  

新郎新婦様にとって人生で最高の一日を創るために、沢山の方が全力で関わっていることを知ることができ、結婚式という特別な一日に携われているという素敵な事実を、当たり前に思わないことが大切であることも学ぶことができました。
一組一組の新郎新婦様に結婚式までのドラマがあること、それを忘れず沢山の結婚式に関わっていきたいと思います。

入社前と入社後のギャップがあれば教えてください。

実際入社するまでは、本当に思い描いている素敵な会社であるのかと正直不安な部分はありました。きっと入社後は理想と現実のギャップがあるものだと覚悟していました。
ですが、実際入社すると良い意味でのギャップばかりで驚きました。説明会の際に聞いたままの会社の雰囲気や、先輩方ばかりでした。
入社して半年が経った今、私の周りには心の温かい方々で溢れています。
同期をはじめ、先輩方やキャリアプランニング(人事部)の皆さんなど、本当に沢山の方が、困ったときには助けてくだり、悩んでいるときには相談に乗ってくださいます。私を新入社員として見る前に、一人の「人」として見てくださっていることを感じています。 

行動指針にもある「仕事は何をするかではなく 誰とするかである」この言葉は本当にその通りで、クレ・ドゥ・レーブにはハートフルな方が集まっていると日々感じております。
私にも後輩ができた時には、今の私と同じ気持ちを感じてもらえるような先輩になります。そう思わせてくださる方々に囲まれて仕事ができているこの環境に、本当に感謝しています。