先輩インタビュー

ウェディングプランナー

上村 梨夏
RINKA UEMURA

上村 梨夏

『会社が好き』
『仕事が好き』
私もそう思って働きたい!

キャリアステップ

入社前
大阪ベルェベル
ビューティー&ブライダル専門学校
卒業
入社
2019年新卒入社
配属:北野クラブ ソラ
ウェディングプランナー
現在に至る
 

上村 梨夏

なぜ数ある企業の中からクレ・ドゥ・レーブを選んだのですか?

会社説明会・インターンに参加した時、「この仕事が好き!」「クレ・ドゥ・レーブが好き!」という先輩方の想いが伝わったからです。
ブライダルの専門学校に通っていたので、職種は一本に絞り、様々な会社説明会に参加しました。その中で会社の規模や、売り上げといった同じような内容、説明が多かったのですが、クレ・ドゥ・レーブだけは違いました。

ブライダルという仕事に対しての楽しさややりがい、結婚式の良さや挙げる意味合いなど想いに響く内容だったことを鮮明に覚えています。
また、その話しをされる皆さんが凄くキラキラしていて私も「仕事が好き」「会社が好き」と思って働いていきたいと強く感じました。スタッフ同士がとても仲が良く、そんな説明会は他にはありませんでした。
行動指針の一つでもあるように「仕事は何をするかではなく誰とするか」だと思っており、時に壁にぶつかっても、苦戦することがあっても、ここでなら支えてくださる方や目標になる方たちが沢山いると確信しました。

自分自身が仕事を通して成長できる場所だと思いクレ・ドゥ・レーブを選びました。

上村 梨夏

就職活動で特に意識した事や、力を入れた事などがあれば教えてください。

『なりたい自分』を想像することを意識しました。就職活動をしていく上で将来を考えることが増えていきます。
最初は何から考えればいいのか分かりませんでしたが、とにかくその時どんな自分になっていたいのか、その仕事をすることによってどうなるのかを考えながら進めていきました。

その答えに対して、自分の中で深堀りをしていくことを心掛け「なぜ?」と考えていく内に1つ1つの内容に深みを持たせることが出来、履歴書に書く内容も他の人と違うことを書けたり、面接においても自己PR・志望動機・5年後の自分などが明確になり面接官からの深堀りの質問にも対応出来るようになりました。
面接対策はもちろんですが、私はこんな人だったんだ、とかこうなりたいんだ、など再確認する機会にもなりました。

質問に対して一言で表すのではなく、疑問を持ちながら細かいところまで準備してみることをお勧めします。
やり方は人それぞれですが自分にあった方法を見つけて、頑張ってください!

上村 梨夏

入社後の新入社員研修では、どのような事を学びましたか。

入社してから配属までの2か月は、ビジネスマナーなど社会人になる上での基礎や、婚礼基礎知識など幅広く研修をしていただきました。
ビジネス研修においては社内だけではなく、社外研修にも参加しました。

実践的な研修として、パフォーマー(サービス)・キッチン研修もあり、ゲストに対してどんな想いでパフォーマースタッフが接しているか、キッチンではお料理の仕込みなどにも触れることが出来、1つ1つこだわりを持って味・見た目・香りを心を込めて作っていることを体感しました。
この想いを伝えらるのは、プランナーしかいません。

またクレ・ドゥ・レーブの新人研修といえば『新入社員がつくる模擬結婚式PJT』です!新郎新婦の設定から自分たちで考え、コンセプト、式の進行など全てを、リーダーの先輩と共に3ヵ月の期間でつくり上げました。
PJTを通して、改めて結婚式という1日は大切で色々な想い出が詰まった日。そして沢山の人の力があって迎えることの出来る日。この経験が今大きな力となっています。

上村 梨夏

入社前と入社後のギャップはありますか?

入社前は思い描いていた理想とは違うこともあるんじゃないかと不安な気持ちもありましたが、働いていく中で就職活動中から感じていた「人の良さ」がすぐにわかりました。

新入社員に対して挑戦・成長をさせてくれる機会を沢山与えていただいたり、私を指導してくださるチュターの先輩だけでなく、皆さんが私が不安な顔をしたり困ったことがあるとすぐに声を掛けてくださり一つ一つ丁寧に教えてくださいます。
いそがしい中、時間を割いて私の為に時間を作ってくださったり、本当に人の温かさを感じる日々です。

憧れだった場所、憧れだった人と今一緒に仕事をさせていただき、より一層「こんな結婚式を創りたい」「こんな人になりたい」と目指すものがまた増えました。同期にも恵まれ、それぞれ違う施設に配属になりましたが近状報告をしあい、高めあいながら切磋琢磨しています。
早く独り立ちし、結婚式という特別な一日をワクワクして楽しみながら創っていく、そんな人に一歩でも近づけるように頑張ります!