ENTRY 新卒エントリー 中途採用エントリー アルバイト採用

オープニングスタッフ募集中
新スタイルの劇場型レストラン・フェリシモ「Sincro」の魅力

目の前に海が広がる、最も神戸らしいロケーションに佇む「Stage Felissimo」 そこに来年早々 これまでにないスタイルのレストラン『Sincro(シンクロ)』が誕生します。 “業界初、劇場型のレストランとは?” “そこで働く魅力は?どんな経験、スキルが身に付く?”   最注目の神戸ベイエリアを舞台に始動した、新プロジェクトの魅力をスタッフの声とともに紹介します。

▼スタッフインタビューはこちら

ソムリエ 塚元 晃

料理人 佐藤 晃一

▼「Sincro(シンクロ)」募集情報(中途採用)はこちら
https://recruit.cdr-heart.com/midcareer/
募集職種:料理長・調理スタッフ・店舗責任者・ソムリエ・サービススタッフ・レセプションスタッフ

レストラン「Sincro(シンクロ)」とは?

今注目の神戸ベイエリア・Stage Felissimo 2階に、来年早々 誕生するレストラン「Sincro(シンクロ)」。

22世紀の日本の食」を探求する新しいスタイルのレストランとして、現在準備の真っ只中です。
ここでは、独自の感性でファンを魅了し食の未来を切り拓くさまざまなシェフたちとともにSincroでしか味わえないオリジナルのコース料理を共同で開発し提供していきます。

テーマにあわせて、和食・中華・フレンチ・イタリアンといったジャンルや形式にとらわれずに構成するコースを、期間限定でお客様にお楽しみいただく画期的なスタイルです。
プロデュースは株式会社フェリシモと株式会社ダイズ、そして運営は私たち株式会社クレ・ドゥ・レーブが担います。

Sincro(シンクロ)とは?

食にまつわるさまざまな要素が共鳴しあい 変化し発信し続ける場。
形式やジャンルにとらわれず食の楽しさが体験できる新しいスタイルのレストランとして、神戸から世界に向かって発信できる22世紀の食カルチャーの探求に挑戦していきます。

どんなスタイル?

プロジェクトごとに料理のジャンル・カテゴリー、そしてレシピを考案するシェフが異なるという、まるで劇場のようにコンテンツが変わる、斬新なスタイルでお客様をお迎えします。
気鋭のシェフたちがコラボレーションしてつくりあげるコース料理を期間限定で楽しんでいただき、訪問するたびに新しい食体験を得られる場所にしていきます。

神戸市中央区新港町7-1 Stage Felissimo 2

スタッフインタビュー

ソムリエ 塚元 晃

神戸市内の老舗レストラン「Au Bec Fin Kobe」、数々のソムリエコンクールにて研鑽を積む。現在は「レストラン相楽」でのサービス、ワインスクールの講師やセミナー、執筆活動などを通して世界中のワインを紹介。ただいま、日本酒の勉強中。
Instagram https://www.instagram.com/as.tsukamoto/

-Sincroはどんなレストランですか?

劇場のように公演内容が期間ごとに変わっていく、これまでにないレストランです。テーマをもとに、シェフが決まって、ジャンルや形式にとらわれずにコラボレーションしながらコースを創りあげていきます。食の楽しさを体験してもらえる、新しいスタイル提案ができると思います。
なお、そのコースを味わえるのは期間限定です。それを終えると、準備期間を経て、また次の劇が幕を開けていきます。

とても画期的な、業界初の試みです。目先の利益だけを追っていると、実現できなさそうな…笑
“「22世紀の日本の食」を探求する”、そしてそれを“神戸から世界に向けて発信していく”とフェリシモさんが仰っていて、だから私たちは、未来に向けて飲食業の在り方やカルチャーを考え、試していくチャレンジの場にもしていきたいと思います。
たとえば、公演期間の間となる準備期間をどう過ごすか?勉強やネットワーク作り、スタッフ育成などメリハリつけた時間の使い方をすれば、働き方から変えていけそうでワクワクしています。

-Sincroでどんなチャレンジをしたいですか?

毎回変わるシェフ&料理とのペアリングが楽しみで、ドリンクもジャンルを問わずお客様の体験を豊かにできるものを提案していきたいと思います。
ソムリエとしては、敷地内にワイナリーもあって醸造家もいるので面白いことができそうです。またKOBEらしさにもこだわっていきたくて、最近は灘五郷に通って日本酒の勉強をしているところです。

-ここで一緒に働きたい人はどんな人?

まずは、お客様に真摯に向き合ってサービスに取り組む人です。そして、これまでにない環境の中で、自分のやりたいこと 意志を示して行動できる人です。それは例えば、外国の方に喜んでもらいたい!等何でもいい。
そうした自分で決めたチャレンジを楽しく、でも責任感を持って働ける人とこのレストランを一緒につくっていきたいですね。
そのために必要なワインやサービスの知識やスキルは、学び取っていけるし、刺激の多い環境だと思います。

料理人 佐藤 晃一

建築系の学校を出て、料理経験など一切ない中、アルバイトをしたオーストラリアの日本料理店で相原 隆久(後の北野クラブソラ料理長)と出会って料理人の道へ。料理長の右腕として働き、SOLA CAFEのオープニングを任されるまでに。今回のSincroでも、料理長の推薦と自身の決意でプロジェクトメンバーとして参画。

-Sincroで働くことへの期待は?

これまでフレンチとイタリアンの経験はあるが、和食と中華は少ない。そうした不安もあるが、楽しみの方が圧倒的に大きいです。
期間ごとに一線級のシェフがやってきて、本番までにその料理をお客様に提供できるカタチにしていく。食材の仕入れなども これまでとは違うルートや発想が求められそうで、学べることだらけかもしれません。通常だと、何店舗も回って積める経験が短期間で出来そうにも感じています。
私は20代半ばから料理の道に入ったので、まだ10年足らず。自身の知らない景色を見て、成長していきたい思いがあります。

-Sincroでどんなチャレンジをしたいですか?

店内は、中央に厨房がステージのようにあってお客様から見られているので、ライブキッチンに観客が釘付けになるような魅せ方も研究していきたいですね。
またソムリエ資格も、お客様と話せるこのカウンターキッチンで活かせると考えています。

正直高い料金をいただくことへの緊張感もありますが、そのドキドキも楽しみながら、お客様の反応をダイレクトに感じていきたいと思います。

-どんな職場にしていきたい?

いま働いている施設は、多くの結婚式やパーティーに向けて、もの凄い量の調理をしています。だからといって、食材はとても丁寧に扱うし、きれいに皮をはぐ職人もいます。そして、スピードも身につけて、平日など早く帰れる日も増えてきました。
適材適所、個々の持ち味をいかすとともに、メンバーで支え合いながら仕事をする、一体感のあるチームにしていきたいですね。

料理もサービスも従来のルールにとらわれず、互いにアイディアを出し合ってスタッフ自身が楽しみながら演出をする、そんな新しいスタイルのレストラン「Sincro」を一緒につくりませんか? 新たな挑戦を一緒にしてくれる方からの応募をお待ちしています!

▼「Sincro(シンクロ)」募集情報はこちら
 募集職種:料理長・調理スタッフ・店舗責任者・ソムリエ・サービススタッフ・レセプションスタッフ
https://recruit.cdr-heart.com/midcareer/